完全成功報酬型
電気料金最適化サービス

お客様の現在の契約体型に合わせて下記のそれぞれのソリューションを提供いたします。
高圧 電力会社への交渉 新電力への切り替え
低圧 新電力への切り替え 節電機器の導入

電力自由化について

以前は、東京に住む人は東京電力といったように、電気の小売りは地域ごとに会社が決められていました。
この状況を見直すために、異業種からの参入(PPS)を促して競争を活発化させ、電気料金の抑制を図ることを目的として電力の自由化は2000年にスタートしました。
ただし、対象は契約容量が50kW以上(工場等)のお客様に限られていました。
自由化から数年経過し、市役所や銀行等の施設がPPSを利用し認知度も広がり遂に、来年2016年4月より契約容量が50kW未満(一般家庭)の施設にも供給が可能となりました

PPSの仕組み

PPSは、電力会社と接続供給契約(PPSが供給する電気を電力会社が受電し、電力会社の送配電設備を介して同時に同量の電気を利用者に託送するとともに、電気が不足した際は、不足した電気の補給を行う契約)を結んでいます。 電力会社は、送電網を管理しており、お客様が電気供給者を変更しても供給安定性は変わりません。

電気料金の契約体型

電気料金の契約体系については様々な種類がございます
大きく分けると下記表のように高圧電力と低圧電力に分けることができます。

契約種別それぞれに対しての解決方法

契約種別毎に下記の解決方法がございます。

ステップ

ステップ

完全成功報酬型
電気料金最適化サービス